注意しておきたい健診代行サービス利用時のポイント

全国各地の事業主は、社員の福利厚生の一つとして健診を行っています。労働安全衛生法でも実施が義務付けられていますので、社員の健康とその管理の為にも、事業主にとっては必ず実施しなければいけません。ですが事業主自身で行おうとすると、想像以上に大変で煩雑な事務作業を負担しなければいけなくなります。まずは施設の選定からは始まり、医療機関の選択や医療機関への支払い、結果の管理など、担当者は膨大な量の業務に追われます。受診していない社員には受診を促すなどの手間暇も考えると、普段の業務を抱えながらでは無理だと言えるでしょう。そこでそのような大変な業務を代行してくれる企業が存在していて、近年は担当者の負担軽減のためにも多くの事業者が利用するようになっています。

自社の規模に合った会社を選びましょう

事業主にとって、煩雑すぎる健診に関わる業務を行ってくれる代行サービス会社を利用することは、業務の負担軽減だけにとどまりません。業務量が減るということは、コスト軽減にも繋がります。ノウハウの無い事業主が施設や医療機関の選定などを行っていれば、それぞれにコストが発生しますが、サービス会社が一括で行うことで無駄な費用の発生を抑えることが出来ます。ただしこの際に注意が必要なのが、代行サービス会社がどの程度の規模の事業主を対象としているかです。自社の規模以上のサービスを展開しているところに依頼してしまうと、コストを削減することが出来るはずだったにも関わらず、想定以上の費用が発生してしまうこともあります。そのため自社の規模に合わせたサービスを展開している会社を選びましょう。

複数の会社を比較して検討しましょう

あらゆる業務において、コスト削減は事業主にとって喫緊の課題です。そのため健診代行サービス会社を利用する事業主も数多く存在しますが、最初から一つの会社だけに絞って利用を検討することは避けましょう。複数社のサービスを比較することで、より理想の料金やサービスを受けることが出来るところを見付けることが出来るようになります。現在では数多くの会社が存在していて、各社で展開しているサービスの規模も特徴も大きく異なります。複数社を検討することで、競合社同士は選ばれるために他社より魅力的なサービスや料金を提示してきます。普段の生活の中でも高い買い物は相見積もりを取ることが一般的であるように、必ず複数の会社を検討し、その中から自社に最適なところを見付けましょう。