時間的制約から考える健診代行サービスの特徴

大規模な事業所では、従業員に毎年の健康診断を促したり、一人ひとりの健康を管理することは大変な労力と時間を要します。そのため最近では健診代行サービスを利用する事業所は増えています。これは時間的節約から考えても意味のあることです。従業員の健康管理はどんな事業所においても大切なことであり、健康診断を受けさせる法的な義務があります。しかし、健康診断を一人ひとりに促すことから始まって、病院に予約を入れたり、費用の精算をしたり、さらに結果を回収して従業員の健康増進を図るなど、非常に事務量が多く内容も専門的です。従業員数が多くなればなるほど大変さは増します。このような背景のもと、健診代行サービスが生まれたわけです。具体的にどのようなサービスを提供しており、いかに時間的節約につながるのかを解説しましょう。

具体的なサービスの内容とメリット

健診代行サービスが行う主な業務は、従業員に対してのものと事業主に対してのものとに分かれます。従業員向けに、まず健康診断の案内を出します。次に希望の日時を確認し、予約の手配をします。受診が終わったら、清算の代行や健康診断の結果の通知をし、その結果に対する相談窓口を設けている場合もあります。授業主向けには、まず従業員一人ひとりの健康診断結果を入力しデータ化をします。毎年の結果データを比較することで、健康状態に変化がないかすぐに知ることができます。また管理台帳や労働基準監督署報告用の資料の提供も行います。さらに健康診断のコースや料金などを設定することで、よりニーズにあった健康診断を選んでいくことも可能です。わからないことがあれば、電話やメールで対応可能です。これらのことを一切引き受けてくれるために、事業所では特にすることはなく、それぞれの事業に専念することができるわけです。

従業員の健康増進に役立つサービス

代行サービス会社では、このように健康診断に関する業務を一括代行してくれるので、そのための専門のスタッフを雇う必要がありません。さらに健康診断の結果をデータとして集約・分析までしてくれるので、常に従業員の健康状態が把握でき、健康増進施策に役立ていくことができます。健康診断の結果は受診者本人も見るわけですが、その結果から再検査が必要だったり、大きな病気が見つかっても、そのまま放置してしまう人が少なくありません。しかし、そのようなケースでも、代行会社が間に入っていれば、次の必要とされる適切な行動をアドバイスしてくれます。このアドバイスが後押しとなって、適切な次のステップへと移行することができたという場合も多々あります。二次検査を受診した場合、その結果の管理をすることも可能です。