トップ / マンション経営その他のメリット

マンション経営と節税

マンション経営その他のメリット

マンション経営の様々な利点

マンション経営を前向きに考える人の多くは、自分たちの老後の生活を安定させたい、子どもや孫に資産を残したい。という前向きな気持ちを抱いている人でしょう。
マンションの経営を始めるメリットは、家賃収入が得られて所得が安定するというだけではありません。

将来の公的年金や企業年金、退職金など、給与所得者として仕事に頑張り続けて退職を迎えたあとに受け取ることができる一時金や、老後の生活を支える元となる資金は、どれも見通しが暗いものばかりです。給料から天引きしてかけ続けている年金も、退職年齢の引き上げや基礎年金のベースダウンで、充分な生活を保障されているとは到底言えるものではありません。

そこで、リタイアした後の収入源として、マンション経営は最適です。得る家賃の収入は、私的年金の役割としても十分でしょう。仮に自分が亡くなった時、生命保険をかけていれば保険金が支払われ、一時はその保険金で充分と思えるかもしれません。しかしマンションのローン支払いには団体信用保証が組み込まれているため、ローン自体を残された家族が支払わずに済みますし、家賃収入がそのまま毎月の実収入になるので、生活する上でも安心度が高くなります。

そして、長らくローンを支払っていくうちに、仮に社会情勢が変わってインフレが進み、資産価値としてのマンション評価が著しく低くなってしまう事があるかもしれません。
そんな時も、マンションを転売目的でなく人に貸すものとしておけば、インフレが進んだとしても家賃が大幅に下がるというリスクは考えにくいため、決まった家賃をコンスタントに収入として受け取ることができます。保険的・年金的役割を充分にになってくれるのがマンション経営です。

年金や保険に不十分さを感じ、老後の生活に不安があるなら、マンション経営に投資してみてはいかがですか。