健診の代行サービスを利用するメリット

会社を経営、維持していくために必要不可欠なものとして健康診断が挙げられます。健康診断は法律で厳格にルールが定められており、違反してしまうと労働基準監督署に目を付けられてしまい、罰則が科されてしまう可能性すらあります。しかし、会社経営者や健康診断の担当者の中にはルールを知らない人も多く、正社員だけ受けさせれば良いと思い込んでいる場合もあります。こうした誤解による法令違反を回避するためには、健診代行サービスを利用すると便利です。彼らは健診のプロですから、法改正にも適切に対応することができますし、アウトソーシングすることで事業の大小に関係なく、さまざまなメリットを受けることができます。ここでは、健診の代行サービスを利用することで生じる多くのメリットについてまとめます。

他の業務にも集中できることが最大のメリット。

代行サービスを利用する最大のメリットは、事務負担を大幅に軽減することができる点にあります。健康診断は正社員に限らず、一定時間以上働くパートタイマーにも受診させなければなりません。受診する旨を告知する必要が生じます。また、各スタッフがしっかりと受診しているかどうかを把握し、受診していないスタッフについてはそれを促さなければなりません。そして、人間ドックの補助金精算などの事務負担が生じます。さらにはスタッフが提出した文書は個人情報に該当するため、厳重に管理することとなります。こうした一連の作業を代行してもらうことができるため、事務負担は大幅に軽減できます。近年ではITを駆使して健診結果をデータ化する付帯サービスを提供する業者も登場しています。これによって、リマインダー機能で受診率を向上させたり、事後措置にモレが生じる可能性が低くなりました。安心して他の業務にも取り組めるメリットが生じます。

高い専門性を持つゆえに、こんなメリットも。

健康診断について代行サービスに依頼するメリットは他の業務にも集中できる点にとどまりません。業者は高い専門性を持っているため、仮に健康診断を担当するスタッフが退職や休職してしまった場合でも問題ないでしょう。そして、その高い専門性がゆえにより快適な労働環境を構築することにもつながります。業者は多くの事業所の健康診断に関するサービスを請け負っていますので、そのノウハウを生かしたアドバイスにも取り組んでいます。したがって、健康診断の担当者は事務作業に追われるのではなく、本来すべき労働環境の改善や向上という、より本質的な仕事に集中することができます。サービス業者はそのサポートしてくれることでしょう。最後に、必要な時に必要な分だけサービスを提供してもらうことができますので、人件費などのコストカットにもつながることも大きなメリットと言えます。

定期健診、特定健診、生活習慣病・がん検診、婦人科健診、人間ドック、巡回健診等の手配が可能です。 外国語対応可能な医療機関ネットワーク(都市部)。 健康診断の解説と健康コラムは『+Wellness』です。 健診から保健指導までのワンストップサービス提供します。 健診対象者数や健診メニュー・オプション項目等の情報に基づきネットワーク健診料金をお見積り致します。 健診の代行サービスご利用をお考えの方へ